FC2ブログ

大阪泉州で自然農法を実践する寺岡自然農園の農園日記

自然農法の寺岡自然農園 農薬・化学肥料不使用で
安全・安心なおいしい野菜を作ってます。
畑での日々の出来事など、農園日記をご紹介。

カテゴリー :  農園日記
タグ : 


下は当農園の写真です。

ついこの間まで草に埋もれていましたが、草刈りが終わったところです。
中から4月に種を下したカボチャが現れました。

当農園は自然農で、畑は耕さず、草の中で作物を栽培しています。

草の中に種を下し、カボチャのつるが伸びてきたら
その部分の草を刈りその場所に敷いていきます。
他の作物も同じようにして、育てます

肥料もほとんど必要なく、水やりもほぼ自然に任せます。
草と、たくさんの生き物が元気な作物を育てます。
当農園にとって草は大切です。
風雨や害虫、野生動物から作物を守り、
草の根が畑を耕し、土の水分をいい状態に保ってくれます。
枯れた草や生き物の亡骸は自然に帰り、畑を豊かにします。

それでも時には、草が大きくなりすぎ、作物に日が当たらなくなると、少しだけ草を刈り取ります。

普段は人力で作物と会話しながら、鎌で草を刈っていきますが、
春先や梅雨の時期など、草の勢いが強いときは、間に合いません。
そんな時は、刈払い機の力を刈ります。

 hatake.jpg

刈払い機は楽で作業も早く済みます。
が、いろいろと不具合もあります。
機械いじりが大好きで、農作業に使う道具の改良を考えてきました。

2年前に考えたのが下の写真
刈払い機に取り付ける刈刃です。

今までの刈刃は草が巻付いたり、
刃を研ぐのに時間がかかったりしました。

少しづつ改良を重ねやっと満足できるものができました。

下の写真で、2タイプあります。 (写真左がA型 右がB型です)

IMG_E1985.jpg

特許 第6664633号

特徴は
刃が一定の角度で曲げられていることです。

左側は盤面に対して上下交互に曲げてあります。
万能タイプでほとんどの草刈りに使用できます。

右側は盤面に対して1方向に曲げています。
植込みの間や、作物の株間などに使用します。

刃を地面側に向けて使用すると、植込みや作物を傷つけずに刈ることができます。
また、石ころなどの障害物が多い時には、刃を上向きにして使用することもできます。
鍬の代わりに土の表面を薄く削ることもできます。

下は刈払い機に取り付けた写真です
A型 ↓
IMG_1997.jpg

B型 ↓
IMG_1995.jpg

B型 ↓
IMG_1992.jpg

一般的な刈刃は1枚の金属円盤の先端に刃がついています。
これだと草はよく切れるのですが、円盤面が滑らかすぎて
刈った草が刈刃の上に乗っかり操作が重くなり、
刈払い機の軸部に巻付いたりして作業効率が悪くなります 。

草刈り作業は単純な動作を何回も長時間繰り返すので、
作業者に大変な負担となります。

この刈刃の特徴は、刃を盤面から曲げてあることで、
草との接触面が多く取れ、刃の当たる部分の草が、
一度に多く刈り取ることができ、
刃の通り道が広くなり操作が楽になることです。

また、刈り取った草は曲げられた刃によって跳ね飛ばされ、
刈刃の上に乗っからず操作が軽くなり、
そのため、ほとんど巻付くことがありません

また、伸びすぎて風や雨で倒れた草や、
葛などのつる性の草でも曲げた刃が簡単に刈り取ってくれます。


刃は回転方向に関係なく裏表使用でき
片方の刃が減ったら裏返して使えます。

材料は工具用鋼(SK-85)を使っているので
刃の手入れは金属用やすりでも簡単に研げます。
( グラインダーやベビーサンダーのほうが楽ですが )
チップソーよりは柔らかく摩耗しやすいですが
刃が4枚と少ないので金属やすりでも2~3分で研ぐことができ、
頻繁に研いで使うほうが作業効率は上がります


材質 工具用鋼材 (SK-85)
仕様 外径  255ミリ
厚さ    1.4ミリ
取付穴 25.4ミリ  市販刈払機に取付けられます


お問合わせ 寺岡自然農園  検索 🔎




スポンサーサイト



>>> 野菜の購入は寺岡自然農園のHPから <<<

コメント


貴社で開発された草刈り歯を拝見しました。販売はされているのでしょうか?
2020/09/26 10:27 URL   吉澤千啓 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mahounoyasai.blog81.fc2.com/tb.php/327-9f634949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)