FC2ブログ

大阪泉州で自然農法を実践する寺岡自然農園の農園日記

自然農法の寺岡自然農園 農薬・化学肥料不使用で
安全・安心なおいしい野菜を作ってます。
畑での日々の出来事など、農園日記をご紹介。

カテゴリー :  寺さんの脱サラ農業
タグ : 
いよいよ楽しみにしていた研修の始まりです。
私は家庭菜園を4年ほどやっていたので、プロの農家の仕事とはどんなものか非常に興味があり、
社長(農業法人でしたので皆がそう呼んでいました)に連れられ、山間の畑に行きました。

畝の真ん中に10センチくらいの苗がきれいに並んで等間隔で植えられており、
ブロッコリーの苗だと教えられました。
4年も農業のまねごとをやっていたのに、
ブロッコリーの苗を見てもブロッコリーだとわかりませんでした。

当日の作業は中耕といい、くわで畝の雑草を土と一緒に薄く削り、
削った土を細かくなった雑草のクズごと元の畝に戻し、
除草と野菜の根の保護を目的とした作業でした。

長さ30メートル位の畝が5列ほどあり、
いち、にい、さんのリズムでブロッコリーを傷つけないようにして
畝の片面ををかまぼこ状に削っていき、畝の終わりまで行くと反対側を削りながら元の場所へ戻ります。

初めはうまくいきませんでしたが、社長の作業を見よう見まねでやっているうちに、
1,2時間やっていると、それなりに何とかできるようになりました。
削り終わったころには、初めに削った土が程よく乾き、
今度はそれを削った畝に鍬ですくって戻します。

使った鍬はうまく土がすくえるような形をしていて、鍬にもいろいろ種類があり
今までそんなことは考えたこともなかったのですが、
やはり
道具はよく考えて作られているなあと感心した次第でした。

雑草は抜くものだと思っていましたが、
こんなやり方もあり、非常に効率よく、プロ農家の仕事に感心させられました。

鍬を使ってやるこの仕事は基本中の基本で、後々の仕事に大変役に立ちました。

秋冬の野菜苗の時期でしたので、しばらくこの作業が続き、
初めは雑草と野菜の見分けもつかないで、恐る恐る鍬を動かしていたのが、
2週間ぐらいたつと、すっかり慣れてしまって、
自分でも驚くほど作業が速くなり、自信もできてきました。

もともと、こういうことに向いていたのか、体を動かすことは全然苦ではなく、
日々経験する農作業に楽しくて仕方なく、うきうきしていました


スポンサーサイト




>>> 野菜の購入は寺岡自然農園のHPから <<<

コメント


この記事に対するコメントの投稿