FC2ブログ

大阪泉州で自然農法を実践する寺岡自然農園の農園日記

自然農法の寺岡自然農園 農薬・化学肥料不使用で
安全・安心なおいしい野菜を作ってます。
畑での日々の出来事など、農園日記をご紹介。

カテゴリー :  農園日記
タグ : 

今年のジャガイモの芽が出そろいました。
野菜は種から育てるものとジャガイモのように地下に出来る芋を植えて育てるものがあります。
種や種芋には休眠期間があり、品種によりその期間は様々です。
当農園では主に赤のアンデスレッドと黄色のデジマを自家採種し、その他に男爵、メークインの種芋を購入して栽培しています。
ジャガイモは初め2月に植え、6月に収穫します。
次にお盆が過ぎてから収穫したものを再度植え、
年に2回栽培し12月頃に収穫出来ます。
1個の種芋は6個から8個位になり、少し種芋に残しておくとずっと栽培しつづけられます。
スーパーなどでよく売られている男爵やメークインは関西では年2回の栽培が難しく、毎年種芋を買っています。
自家採種の方がその土地の気候風土に馴染んで、
病気や害虫にもつよくなり、種芋も買わなくていいのでなるべく自家採種するようにしています
昨年、デジマの出来が悪かったので、
今年は、自家アンデスレッドと、新たに種芋を購入したトウヤ、男爵、メークインを植え付けました
順調に育っているので収穫が楽しみです
スポンサーサイト



>>> 野菜の購入は寺岡自然農園のHPから <<<